« ロンゲスト・ヤード('74)ロバート・アルドリッチ | メイン | トウキョウソナタ('08)黒沢清 »

アキレスと亀('08)北野武

kame.jpg

子供のころから絵を描き(描かされ)、そのまま世間ずれして、とりつかれたように芸術を追い求める男の話。中年になってからをタケシが演じる。題名の由来は当然「ゼノンのパラドックス」で、冒頭に説明があり、「そしてアキレスは亀に追いついた」とかいってオチにもなっているけど、その意味するところはよくわかりません。

事前の情報から、『TAKESHIS'』『監督・ばんざい』の流れとはまったく違ったオーソドックスでリアルなドラマになっているのかと思いきや、意外とこの二つの映画に感じは似ていた。この映画のタケシは『TAKESHIS'』の売れない芸人みたいだし。だけどギャグの部分は『監督・ばんざい』よりは笑える。

北野武の映画はいつも画面が独特だけど、今回も最初におやじが酔っ払って歩いている辺りから、妙に画面が安定している。昔みたいな「キタノブルー」とかではないけれど、色調が独特で安心させるものがある。これは一体なんでなんだろう。実はデビュー作からそうなんだけどね。ひとつは独特の、ちょっと近めな距離感ってのがあると思うけど。今回はどの時代も冬の設定。妙に寒々しい風景がつづき、特に人の顔が異様に白い。特に麻生久美子、白すぎだろ。かなり美しいけど。

しょーもない絵が山ほど出てきて、しかもタケシの芸術に対する本気、かつシニカルな思いが盛り込まれているので、それを追ってくのはかなり疲れますが、見終わるとよくわからない感動が残る。でも話は相当陰惨で、とにかく身近なひとが死にまくる。この死に方は尋常ではない。